主婦におすすめのカードローン

今回、主婦におすすめの金融機関を(アンケートで)調査してみました。ここでは、1位から3位までのブランドを紹介することにしましょう。
(参照:自動契約機を徹底比較!申込→審査→借入までの使い方

 

【1位】プロミス

プロミスは、女性専用ローンを扱うことで、主婦の間でも人気の金融機関です。パソコンでも「女性専用の受付窓口」があるので、パソコン、携帯電話、スマートフォンを通して、簡単に審査が受けられます。

 

パソコンで申し込みをした後は、最寄りの無人契約機や「お客様サービスプラザ」でカードと契約書を受け取りましょう。

 

【2位】オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、女性専用の窓口は設けていません。しかし、オリックス銀行カードローンでは、女性や主婦への融資を積極的に行っています。

 

特に、2014年の10月末以降は、年収による貸し付け制限も無くし、アルバイトやパートタイムで働く方など、幅広い層に向けて融資をスタートさせています。

 

【3位】モビット

モビットは、三井住友銀行系列のカードローン会社(プロミスも同じ)です。銀行系列ということもあり、女性の利用者も多いです。モビットは即日融資に強く、申し込みをしたその日の内にキャッシングが利用できます。

 

お急ぎの方は、ネット経由(スマートフォンや携帯、パソコンから)で申し込みを行い、カードの受け取りのみ、最寄りの「モビット無人契約機」を利用してください。この流れで審査を受ければ、最短でカードが取得できるでしょう。

 

いかがでしたか? 今回は、主婦や女性の方に人気のカードを三種類ご紹介しました。ぜひ、みなさんのカード選びの参考にしてください。

主婦のローン/質問集 厳選5

ここでは、ローンの利用前に「良くある質問」を集めてみました。主婦の方、女性の方は、これらの質問を参考にしてみてください。

 

【質問1】専業主婦ですが、申し込めるローンはありますか?

カードローンの多くは、本人に安定した収入がなければ、申し込めないようになっています。

 

ただ、一部のカード会社では「専業主婦でも利用可能」なローンを扱っています。ここでは、配偶者の収入証明書を使って、主婦の方でも融資が受けられます。

 

専業主婦の方は「専業主婦の受け入れがあるローン会社」を探してみてください。現在、楽天銀行やイオン銀行で(原則として)専業主婦の方の利用を許可しています。

 

可決金額は、配偶者の方の年収の3分の1の金額までは、利用できるようになっていますが、配偶者の方に(既に)借入があれば、可決予定の金額から「配偶者の方の利用分」を差し引いて「主婦の方の利用可能額」が、算出されます。

 

クレジットカードの中にも、専業主婦の方が申し込めるカードがありますが、キャッシングに関しては「金利が高い」ので、おすすめしていません。

 

お金を借りる目的であれば、なるべく銀行や銀行系など、金利の低いカードローン商品を利用するようにしてください。

 

【質問2】自宅で仕事をしています。このような場合、ローンは申し込めないのでしょうか?

自宅で仕事をしている方は「自営者」として申請することになります。納税関係の書類(最新のもの)を用意し、ローンを申し込んでみてください。確定申告書の写しや税額通知書で申請できるはずです。

 

ただ、金融機関によって必要な書類は異なります。申し込む前に、用意すべき書類を確認しておいてください。

 

【質問3】パートで収入が少ないのですが、ローンは組めますか?

収入の少ない方でも、ローンの「少額融資」が利用できます。どの金融機関も、少額融資には積極的で、最小1万円から融資を実施しています。

 

利用可能な金額も、一般の方と同じく「年収の3分の1の金額」が、そのまま融資可能額に決定されます(ただし、現在の利用分があれば差し引いて算出)。例えば、年収60万円のパート勤務の方であれば、最大20万円までは融資が受けられる計算です。

 

また、オリックス銀行カードローンのような「銀行ローン」でも、最小1,000円単位のキャッシングが可能です。少額融資を希望される方も、気軽に申し込みをしてみてください。

 

特に、銀行系の消費者金融では「30日間の無利息期間」があるのでお得です。消費者金融以外でも、カードローンのレイクでは「最長180日間」の無利息期間(5万円以下の利用)が適用されます。少額融資を希望される方は、参考にしてみてください。

 

【質問4】クレジットカードの利用が沢山あるのですが、ローンに申し込めますか?

クレジットカードの利用分は、2種類に分類されます。カードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類がありますが、カード審査に「ショッピング利用」の金額を申請する必要はありません。

 

審査を受ける際には、キャッシング利用分のみ申請をしてください。同じように、カードの審査には、銀行のローン分は含まれません。貸金業法の「総量規制」が適用されるものだけを申請します。

 

クレジットカードの利用分が増えすぎてしまった方は、金利の低いローンへ借換や、おまとめ(借金を一本化すること)をしてみてください。こうしたローンを利用することで、返済の負担を少なくし、返済総額も大幅にカットできます。

 

【質問5】給与明細がありません。配偶者の明細書でも、代用できますか?

お勤めの方は、本人の書類(給与明細)が必要です。専業主婦の方は、利用できるローンが少ないのですが、楽天銀行やイオン銀行など、一部の金融機関で「専業主婦が利用できる」商品が用意されています。

 

こうしたローンは、配偶者の方の同意と「収入証明書」を提出することで、審査の申し込みが可能です。

 

ただし、専業主婦以外の無職の方、生活保護受給者の方は、ローンやクレジットカードの利用は不可となっています。申し込みをした段階で、即否決となるので注意してください。

主婦のローン/利用者の口コミ

主婦の方にアンケートを行い、カードローンの使い勝手やサービスの内容について調査をしてみました。これらの口コミを参考に、皆さんにふさわしいカードローンを探してみてください。

 

【30代、パート勤務】

現在、オリックス銀行カードローンで借入をしています。週の初めに申し込みをして、翌週には、キャッシュカードと契約書を(郵送で)受け取れました。ここまで、金利の低いローンはなかなか無いですね。わずかな時間で契約ができ、大変満足しています。

 

【20代、派遣社員】

私は、プロミスでカードローンを利用しています。プロミスは、女性専用の窓口があるので良いですね! はじめて申し込む時は、女性専用のネット窓口を利用しました。電話で確認を受けた際も、プロミスの女性スタッフが丁寧に対応してくれたので、うれしかったです。

 

【40代、一般勤務】

アコムでカードを契約しました。申し込む決め手となったのは、三菱東京UFJ銀行系列(のカード)だと、知ったからです。普通の消費者金融では、契約をする気は無かったのですが、銀行系なら安心して使えますね。実際、金利や貸し付けの条件も良かったので、満足しています。

 

【50代、店舗経営】

プロミスでローンを契約しました。このローンは、自営者向けに「事業費での利用」を認めてくれるのがうれしいです。生活費として使うこともありますが、時々仕事の費用としても利用しています。担保や保証人もいらないので、簡単に借りることができ、感謝しています。

 

【20代、アルバイト】

アルバイトで生活をしていますが、モビットでカードローンが契約できました。可決額は20万円でしたが、私には十分な金額です。機会があれば、また増枠の申請をしたいと思っています。モビットは審査も速いので、とても気に入りました。